道路土工
工種 種別 試験
区分
試験項目 試験方法 規格値 試験基準





土の締固め試験 JIS A 1210 設計図書による。 当初及び土質の変化した時(材料が岩砕の場合は除く)。
但し、法面、路肩部の土量は除く。
CBR試験 JIS A 1211 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
(材料が岩砕の場合は除く)


土の粒度試験 JIS A 1204 設計図書による 当初及び土質の変化した時。
土粒子の密度試験 JIS A 1202 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の含水比試験 JIS A 1203 設計図書による。 ・路体:当初及び土量の変化した時。
・路床:含水比の変化が認められた時。
土の液性限界・塑性限界試験 JIS A 1205 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の一軸圧縮試験 JIS A 1216 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の三軸圧縮試験 土質試験の方法と解説 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の圧密試験 JIS A 1217 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土のせん断試験 土質試験の方法と解説 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の透水試験 JIS A 1218 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。


現場密度の測定 最大粒径≦53mm:
JIS A 1214
JIS A 1210 A・B法
最大粒径>53mm:
舗装試験法便欄1-7-2
・路体:最大乾燥密度の85%以上。
・路床:最大乾燥密度の90%以上。
その他、設計図書による。
路体の場合、1,000m3につき1回の割合で行う。
但し、5,000m3未満の工事は、1工事あたり3回以上。
路床の場合、500m3につき1回の割合で行う。但し、500m3未満の工事は1工事当たり3回以上。
または、
「R1計器を用いた盛土の締固め管理要領(案)」
路体・路床とも1管理単位の現場乾燥密度の平均値が最大乾燥度密度の90%以上。又は、設計図書による。 路体・路床とも、1日の1層あたりの施工面積を基準とする。管理単位の面積は1,500m2を基準とし、1日の施工面積が2,000m2以上の場合、その施工面積を2管理単位以上に分割するものとする。1管理単位あたりの測定点数の目安を下表に示す。
面積(m2) 0〜500500〜10001000〜2000
測定点数 51015
プルーフローリング 舗装試験法便覧1-7-4   路床仕上げ後全幅、全区間について実施する。但し、現道打換工事、仮設用道路維持工事は除く。


平板載荷試験 JIS A 1215   各車線ごとに延長40mについて1箇所の割で行う。
現場CBR試験 JIS A 1222 設計図書による。 各車線ごとに延長40mについて1回の割で行う。
含水比試験 JIS A 1203 設計図書による。 降雨後又は、含水比の変化が認められたとき。
コーン指数の測定 舗装試験法便覧1-2-1 設計図書による。 トラフィカビリティが悪いとき。
たわみ量 舗装試験法便覧7-2   プルーフローリングでの不良箇所について実施。
.▲TOPへ
工種 種別 試験
区分
試験項目 試験方法 規格値 試験基準








土の締固め試験 JIS A 1210 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。


土の粒度試験 JIS A 1204 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土粒子の密度試験 JIS A 1202 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の含水比試験 JIS A 1203 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の液性限界・塑性限界試験 JIS A 1205 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の一軸圧縮試験 JIS A 1216 設計図書による。 当初及び土質の変化した時。
土の三軸圧縮試験 土質試験の方法と解説 設計図書による。 必要に応じて。
土の圧密試験 JIS A 1217 設計図書による。 必要に応じて。
土のせん断試験 土質試験の方法と解説 設計図書による。 必要に応じて。
土の透水試験 JIS A 1218 設計図書による。 必要に応じて。


現場密度の測定 最大粒径≦53mm:JIS A 1214
JIS A 1210 A・B法
最大粒径>53mm:舗装試験法便覧1-7-2
最大乾燥密度の85%以上。又は設計図書に示された値。 築堤は、1,000m3に1回の割合、又は提体延長20mに3回の割合の内、測定頻度の高いほうで実施する。
または、
「R1計器を用いた盛土の締固め管理要領(案)」による。
1管理単位の現場乾燥密度の平均値が最大乾燥密度の90%以上。
又は、設計図書による。
築堤は、1日の1層あたりの施工面積を基準とする。管理単位の面積は1,500m2を標準とし、1日の施工面積が2,000m2以上の場合、その施工面積を2管理単位以上に分割するものとする。1管理単位あたりの測定点数の目安を下表に示す。
面積(m2) 0〜500500〜10001000〜2000
測定点数 51015


土の含水比試験 JIS A 1203 設計図書による。 含水比の変化が認められたとき。
コーン指数の測定 舗装試験法便覧1-2-1 設計図書による。 トラフィカビリティが悪いとき。
.▲TOPへ
工種 種別 試験
区分
試験項目 試験方法 規格値 試験基準





修正CBR試験 舗装試験法便覧2-3-1 粒状路盤:修正CBR20%以上
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
骨材のふるい分け試験 JIS A 1102 JIS A 5001
表2参照
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
土の液性限界・塑性限界試験 JIS A 1205 塑性指数P.1.:6以下
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
鉄鋼スラグの水浸膨張性試験 舗装試験法便覧2-3-4 1.5%以下
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
道路用スラグの呈色判定試験 JIS A 5015 呈色なし
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前



粗骨材のすりへり試験 JIS A 1121 再生クラシャランに用いるセメントコンクリート再生骨材は、すり減り量が50%以下とする。
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前


現場密度の測定 舗装試験法便覧2-5-3 γ dmaxの93%以上
X10 95%以上
X6 96%以上
X3 97%以上
中規模以上の工事:定期的または随時(1,000m2につき1個)
小規模以下の工事:施工前
プルーフローリング 舗装試験法便覧1-7-4
中規模以上の工事:随時


平板載荷試験 JIS A 1215
1,000m2につき2回の割で行う。
骨材のふるい分け試験 JIS A 1102
中規模以上の工事:異常が認められたとき。
土の液性限界・塑性限界試験 JIS A 1205 塑性指数P.1.:6以下
中規模以上の工事:異常が認められたとき。
含水比試験 JIS A 1203 設計図書による
中規模以上の工事:異常が認められたとき。
.▲TOPへ
工種 種別 試験
区分
試験項目 試験方法 規格値 試験基準


調






調




修正CBR試験 舗装試験法便覧2-3-1 修正CBR 80以上
アスファルトコンクリート再生骨材を含む場合90以上
40℃で行った場合80以上
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
鉄鋼スラグの修正CRB試験 舗装試験法便覧2-3-1 修正CBR 80以上
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
骨材のふるい分け試験 JIS A 1102 JIS A 5001
表2参照
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
土の液性限界・塑性限界試験 JIS A 1205 塑性指数P.1.:4以下
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
鉄鋼スラグの呈色判定試験 JIS A 5015
諸相試験法便覧2-3-2
呈色なし
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
鉄鋼スラグの水浸膨張性試験 舗装試験法便覧2-3-4 1.5%以下
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
鉄鋼スラグの一軸圧縮試験 舗装試験法便覧2-3-3 1.18N/mm2以上(12kg/cm2以上)(14日)
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
鉄鋼スラグの単位容積質量試験 舗装試験法便覧4-9-5 1.50kg/L以上
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前


粗骨材のすりへり試験 JIS A 1121 50%以下
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前
硫酸ナトリウムによる骨材の安定性試験 JIS A 1122 20以上
中規模以上の工事:施工前、材料変更時
小規模以下の工事:施工前


現場密度の測定 舗装試験法便覧2-5-3 γ dmaxの93%以上
X10 95%以上
X6 95.5%以上
X3 96.5%以上
中規模以上の工事:定期的または随時(1,000m2につき1個)
小規模以下の工事:異常が認められたとき。
粒度(2.36mmフルイ) 舗装試験法便覧3-4-3 2.36mmふるい:±15%以内
中規模以上の工事:定期的または随時(1回〜2回/日)
小規模以下の工事:異常が認められたとき。
粒度(75μmフルイ) 舗装試験法便覧3-4-3 75μmふるい:±6%以内
中規模以上の工事:定期的または随時(1回〜2回/日)
小規模以下の工事:異常が認められたとき。


平板載荷試験 JIS A 1215
1,000m2につき2回の割で行う。
土の液性限界・塑性限界試験 JIS A 1205 塑性指数P.1.:4以下 観察により異常が認められたとき。
含水比試験 JIS A 1203 設計図書による。 観察により異常が認められたとき。
▲TOPへ

  河川・海岸土工
  下層路盤工
  粒度調整・再生粒度調整路盤工